明後日からちょっぴりだけ東京に行きます【考える時】静かなパニック

311や熊本地震のような物理的な衝撃があるわけではないので、
とても静かなパニック。
そんな中、お仕事の面談のために
すこしだけ東京に行きます。

当たり前だと思っていた日常が壊れるのって
あっけないっていうのは、昔ブログで書いた通り。

こちらをご覧ください

今回のコロナウィルスは静かだけど先が見えない。
逃げればいいというものでもない。
ひたすら、じっと収束をまつのみ。

自分ではどうにもならない状況なのに
今回はとても落ち着いてる。

生き方を考えるのは3回目。
家族と一緒に過ごしながら、次の15年はどのように生きようか?
と考える。

同じことを繰り返しては人間として生まれたのにもったいない。

ちなみにこれは311のときに起こった買占め現象の写真。
僕はこの時よりは賢くなったかな?

不安になると普段より多くのものを買ってしまう。
食料があれば、マスクがあれば、トイレットペーパーがあれば安心?

今目の前に起きている出来事には意味があると思う。
日々の生活に忙殺されて物事を考える余裕を奪われていたのが、
今はじっくりと考える時間がある。

労働と消費で終わる人生?社会?
その社会に適応させるため「だけ」の教育システム?
国民は国家の奴隷とか考えていない日本政府?
まぁ、仕方ないと思ってしまうメンタリティー?
「何も考えるな。消費だけをしろ」?

じわじわと広がる感染。
誰も例外なく「考える」機会を与えられてる。
と思いますよ。ほんとに。

 

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です