生き方

幸せに生きるためにサンバをやるべき5つの理由。(厳選して)

投稿日:

色々あって日々モヤモヤしている方へ

このところウエストも日々の生活もキツキツの閉塞感を感じてませんか?

なんだかわからないけど「生きづらさ」を感じてませんか?

当たり前だと思っている日常にストレスを感じてませんか?

明るい未来があるかわからないのに、押さえつけられて
フラストレーションを抱えて職場や学校に向かい膨大な時間を浪費してませんか?

自分に価値を感じられずネガティブなことばかり考えてませんか?

周りがネガティブな人ばかりで息苦しくなってませんか?

育児や仕事、学校でのフラストレーションの捌け口がリアル世界に無く
ネットの世界にどっぶりはまってませんか?
そこで他人を叩いてネットの世界まで生きづらい場所にしてませんか?

消費することや労働することだけで頭をいっぱいにして
本来の自分が望む生き方から遠ざかってませんか?

このブログを読み「サンバにふれてみる」と以下のことが実現します。

・人とのつながりを広げることができる
・日々の苦境を乗り越えることができる。
・自分の良いところを見つけることができる
・型や殻をぶち壊しで自由になることができる。
・憂鬱な気分を吹き飛ばすことができる。
・気持ちが盛り上がり活力がわいてくる。
・肉体的にも精神的にも若返ることができる。
・自己肯定感が強くなり自分が好きになる。
・美しい身体になれる
・前向きで笑顔と喜びに溢れた人生を送ることができる。

→自分が本来望む生き方に気付き実現することができる。

このブログを書いているMasashiは

・浪人生活を経験した上に大学受験に失敗
・就職氷河期で専門学校に通ったのに専門外の会社に就職
・文系脳のはずなのにIT企業を転々。ブラック企業も含む
・311をきっかけに脱サラ
・ダンサー歴20年
・サンバダンサー歴18年
・プロダンサーとして起業して8年
・熊本にサンバチームを立ち上げてコミュニティを拡大
・芸術家(アーティスト)としても活動
・好きなことを仕事にして妻子(娘二人)を養っている

■目次

1.サンバの目的はコムニダージ(コミュニティ)作りです。
2.サンバの歴史はまさに逆境を乗り越えてきた歴史。
3.サンバは正確に踊ることが目的ではない。むしろ型を破る。
4.踊ることの効能が科学的にも経験上も証明されている。
5.自分大好きな国(ブラジル)からやってきた文化だもの!

 

■本編

1.サンバの目的はコムニダージ(コミュニティ)作りです

サンバをやっていれば、コミュニティの中で自然と色々な人とつながれます。

ブラジルではサンバがあるので、

・治安の悪いファベーラ(スラム街)でも子供が暮らしている
・人種階層社会の中でもチャンスをつかむことができる。
・知らない人ともすぐにアミーゴ(友達)になれる。
・お年寄りも居場所がある。
・衣装つくりや山車(アレゴリア)つくりの仕事が生まれる。
・地域の人々が集まって人との繋がりを維持できる

まだまだありますが、サンバは地域の人々に根差した音楽文化です。
カーニバルにむけてダンス、演奏、衣装、山車を準備するサンバ学校
町中のバーの店先で演奏されるパゴージと呼ばれるアコースティックなサンバ。

サンバの中心に色々なひとが集まりコミュニティになります。

人との繋がりが希薄になり「孤独死」なんて言葉がある現代日本にこそサンバが必要。

ちなみに九州熊本ではこちらでサンバやってます。
誰でも参加できるコミュニティです。色々な年齢層、バックグラウンドの方々が
集まってます。

2.サンバの歴史はまさに逆境を乗り越えてきた歴史

サンバを楽しむことで前向きに生きる活力がわいてきます

サンバの歴史は

・サンバの故郷はアフリカ(ナイジェリア、ベニン、アンゴラなど)
・奴隷として連れてこられた黒人の方々がいた。
・10年生きられればマシと言われた過酷な重労働。
・どうにもならない人種階級社会
・自分の苦しみを歌にして乗り越える。
・西洋とアフリカ、ミックスカルチャーの象徴のサンバ
・対立よりも混じり合うことを選ぶ。
・悲しみも喜びも受け入れて前向きに生きていく決意のリズム。

誰しも苦しみはありますよね。当事者でなければわからない
リアルで生々しい独特の感覚。胸のつかえ、モヤモヤ。
お金のこと、健康のこと、人間関係のこと、仕事のこと、家庭のこと。

こんなブログを書いている僕だって不安と焦りで夜中に飛び起きることも(笑)

「どうする?」
でも、いきなり問題が解決する特効薬なんてないのが現実です。
「じゃ、どうする?」

今ある現実を受け入れて前向きに生きるしかない。
しぶとく生き延びて悪いことも良いことも味わい尽くすだけ。

そうして生きてきた人達が作ったサンバだからこそエネルギーに満ちている。

ちなみに文化講演会やお喋り会もやってます。

3.サンバは正確に踊ることが目的ではない。むしろ型を破る。

サンバを踊ることで自分の型や殻を破り気持ちが開放されます。

・ブラジル人が踊るサンバは人それぞれ違う。
・それぞれ違うけどサンバと一致したグルーヴ感がでるから大丈夫。
・人それぞれの個性が出てくる。
・自分自身であることが喜びとなって湧き出るのがサンバ。
・「~ねばならない」「~するべきだ」から「~すると気持ちいい」へ

サンバショーを目的にした場合に構成の都合上振り付けをすることもありますが、
基本的にサンバは正確に踊るダンスではないです。
逆に細かいところまでカッチリ合わせてパフォーマンスしている動画を
たまに見ますが、個人的にはとても気持ち悪い。サンバじゃなくてもいいじゃん。
と思ってしまう。

型にはめるのがサンバではなく、型を破るのがサンバ。

最初は真似でもいい。真似をした先に自分の個性やグルーヴ感が出てきたら、
その人自身のサンバが輝く。と思う。

同じであること。正確であること。滅私奉公の日本。
子供のころから刷り込まれている感覚や常識が自分を苦しめてませんか?

ちなみにそれぞれの目的、体力、時間や都合に合わせたセミプライベートレッスンやってます。また、フィットネス特化のグループレッスンも不定期でやってます。詳しくはお問い合わせを!

 

4.踊ることの効能が科学的にも経験上も証明されている。

サンバを楽しむことで年齢や体型などのリミットが気にならなくなります。

踊ることの効能について
詳しくはこちらのサイト(外部リンク)にも記載されています。

踊っていると、

・ダンサーの方。特にサンバダンサーの皆様は年齢不詳が多い(笑)
・下半身の筋肉を集中的に使うので代謝がよくなる。
・代謝がよくなることで老廃物が排出されやすくなる。
・気分が開放的になり精神的にもリフレッシュする。
・フィットネス、若返り効果抜群。

サイトのなかでも言っていますが、

「私たちは成長するにつれて、いつしか感情にリミットを設けてしまいます。
きっと、社会的背景が影響しているのでしょう。職業でない限り、
自分をダンサーやパフォーマーだなんて思う機会も少ないはず。
だけどダンスは想像力の源。どこかで一線を越える必要があると思うんです」

「もう歳だから」とか「体型が」とか「リズム感が」とか
「恥ずかしい」とかリミットかけてませんか?

サンバに年齢も体型も上手い下手も恥じらいもないですよ。
サンバは老若男女問わずです。

ちなみにMasashi TVではお家でできるサンバエクササイズ動画を随時配信してます。

5.自分大好きな国(ブラジル)からやってきた文化だもの!

サンバをやってると自分大好きになります。

ブラジル人は

・自分大好きです。
・早朝からスポーツジムは大盛況!
・何か失敗しても気にしない。自分のせいじゃない。
・時間に遅れても気にしない。怒らない。
・女性はいつまでもカワイク美しく
・男性はいつまでもエネルギッシュで肉食(笑)
・何歳になっても情熱的

色々な要因で自己肯定感が低くなることがあります。
幼児期の親や大人からの愛情が関係することもあります。
だったら!

サンバをやって

・昨日よりも少しウエストを絞ってみる。
・踊りながら、楽器を叩きながら思い切り叫んでみる。
・いつもより沢山笑ってみる。
・今まで接することのなかった人と交流してみる。
・今までよりちょっとだけ積極的になってみる。
・ちょっとだけ明るくなった自分を見直す。
・少しだけいい加減になってみる(笑)

サンバをやっていきなり人が変わるということはごく稀です。(無い事はないです(笑))

ですが経験上、それまでの生き方が徐々に
ポジティブに変わっていったという方を沢山見ています。
その中には僕のダンスの生徒さんもいらっしゃいます。

同時に日本には「自分の良いところ 」を押し込めて
生きている方々が沢山いらっしゃることも感じた。過去の自分も含めて。

地球の裏側で生まれたサンバは
そういった方々の秘められた可能性を引き出す力があると思う。

ちなみに
まずは思い切りサンバを楽しみたい!体感したいという方
「笑いと感動の」サンバショーやってます。是非ご検討ください。

■まとめ

・サンバをやっていれば、コミュニティの中で自然と色々な人とつながれます。
・サンバを楽しむことで前向きに生きる活力がわいてきます。
・サンバを踊ることで自分の型や殻を破り気持ちが開放されます。
・サンバを楽しむことで年齢や体型などのリミットが気にならなくなります。
・サンバをやってると自分大好きになります。

本当はまだまだあるけど長くなるので今回は厳選して5つだけ。
皆様の幸せに少しでもサンバが助けになれば良いと思いご紹介しました。

よかったら何かの形でサンバとご縁があることをお祈りします♪

-生き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

経験にこそ価値がある!【トライ&エラー】試してナンボ!

コロナの影響で仕事が激減。 対面でのダンス関連、モデル関連の仕事は無くなりました。 が、 その状況を乗り切るために試行錯誤。 「魅惑のパフォーマンスライブ」も 僕とってはトライ&エラーの連続。 とても …

「命を守る」っていうプロパガンダ!【危険】一億総玉砕する?

今日はブログ書くか書かないか ものすごく迷った。 パソコン開いては閉じ、 「まぁ、いいや。やめとこ」とか思って 別のことしてみたり。必要以上に料理してみたり。 でも、やっぱり書こうと 思って、結局今書 …

3月と5月は鬼門だったりする件「こんなに世界は美しい」のに

僕はダンサーでアーティストなので 「データを検証して、その結果が数値的にどうだから この主張が裏付けられる」 ってことは このブログでは書きません。 大体、その数値ってのもアテにならない。 どうとでも …

身体表現(ダンス)と政治活動が同じ結論に行き着いた件

        マイケルジャクソン、誰でも知ってる世界のスーパースターです。 彼の歌でMan in the mirrorというのがある。 その中の歌詞が、これか …

思い切り怒る!思い切り泣く!【羊か人か】本当の自分を取り戻す。

赤ん坊がなぜ泣くのか? 理由は沢山あるそうです。 もちろんオッパイを要求して泣いたり オムツが濡れてるって訴えたり 病気で調子悪かったり。 意外なこととして、運動として泣いたりする。 単に溜まったエネ …