ソーシャルディスダンス運動

いつの間にか行動規制?【過剰自粛】どんどん自由を奪われていく気分

投稿日:2020年4月23日 更新日:

僕はサンバダンサーです。
サンバは「先生の動きを正確に踊りましょう!」とか
言われたりしないし、
型に「はめられない所」が性に合ってます。
ショーで振り付けをすることはあっても
基本即興の世界なので、ダンスを習うというよりは
自分の引き出しを増やして
後はお好きに繋いでいく。むしろ先生の動きを発展させていく。
サンバの精神の根底にはプロテストがあると思う。
黒人音楽に共通している。

はい、毎度のことですが
今回も過激な内容になっておりますので
不快に感じると思われたら、
これ以上は読まないようにしてください。
僕の個人的な意見です。

こういうことを発言できる空気を残したい
と思うアーティストしての
プロテスト(異議抗議)です。
色々間違ってたらごめんなさい。

さて話は変わりますが
最近見た面白い動画で「Out of Shadows」
というのがある。
ちなみに全編英語です(^^)
よかったら
ググってチャレンジしてみてください。
と思ったら翻訳版出てた。アハハ

内容の真偽はどうあれ、
自分が常識としてもっている考えとか発想
コンプライアンスに関わる善悪の判断基準は
どのように作られてるのか?
ということを
投げかけていた。

簡単にいうと
「なぜ、それが正しいって思うの?」と聞かれたときに
「いや、だって、テレビで言ってたから」とか
「先生が言ってたから」とか
「学者さんが言ってたから」とか
「本に書いてあったから」とか
いう自分の中での判断の根拠のこと。

もっと根本に立ち戻ると
「木は木」
「車は車」
「空は青い」
とかそんなレベルまで、
自分の考えを形作ってるものは
後から教え込まれた教育だったり、しつけだったり、
メディアを通じて与えられた情報だったりする訳です。

では。
その情報がそもそも
「間違いだったら?」
「虚構だったら?」
「嘘だったら?」
それだけでなく、
別の思惑の元に作られたものだったら?
誰かが利するように仕組まれた筋書き上の情報だったら?
まぁ、そこまで言うと僕が変な人に
なってしまいますが(笑)
「信じるか信じないかは…」的な。

僕が言いたいのは
当たり前と思っている事でも
疑ってみる価値はあるし、今ならその時間もあるはず
と思うのです。
何もなければいいのですが、
疑うこともなく、気付いたら「こんなはずじゃなかった!」
とか「あれ?何やらされてるんだろう?」ってことになりかねない。

サンバは
昔、奴隷としてアフリカから連れてこられた黒人の方々の
土着の宗教音楽がルーツ。
辛い日々から自分を解放するために生まれたもの。

今はその逆を
行ってはいないかと思ってしまう。

No3密で
営業自粛
から始まり。

集合すること自粛
公園の遊具禁止。子供が集まるから?
公園すら禁止。
潮干狩りも山登りも禁止

韓国や中国ではスマホのGPS
行動履歴が常に監視されてるそうです。
ホントかは知りませんが。

とにかく外に出るな?
人と会うな?
医療崩壊する?
関東の方ではすでに崩壊してるところもあるって。
その原因はコロナではなく
コロナに対する過剰な恐れなんじゃないの?

コロナを理由に
どんな行動制限も言論制限も有りになっていく。
お互いが監視し合って、異議を叩くようになる。
昔の「隣組」みたいな自警組織ができる。

「皆さんにご協力いただいてます」っていう強制力が蔓延していく。
例えば公園にいるだけで。

皆、家に閉じこもって欝々として、
不安と真偽不明の情報に埋もれていく。

これね。
コロナで死ななくても自殺で死ぬ人増えると思いますよ。
何を恐れて
何を抑えたいのだろうか?と思ってしまう。

コロナで死ぬ人を抑える?
その代わり
自殺で死ぬ人は増えるけど?って。
実際、コロナで死ぬ人よりもモチ食って死ぬ人とか
自殺する人の方が多いんでしょ?
ちょっと前まで若年層の心疾患の
死者数が話題になってたけど。

そのうち
何が入ってるかわからないワクチンを強制的に
「皆さんにご協力いただいてます」って打つようになったりして。

「効果があるかどうかも分からないマスク」ですら
奪い合うようになったんだから、
ワクチンなんて出てきたら皆飛びつくと思う。

でも、それ本当に大丈夫?

Event201というのもググると面白い。特に開催日が。
これの資金出してるところをみると面白い。
ビルゲイツ コロナワクチンとググると面白い。
さらに色々面白い

つまり、目の前にある表面的な情報を鵜呑みにするのでなく
自分のココロにしたがって判断する。
少しでも妙だと思ったらそれが正解の場合がある。
ので、冷静に多角的に調べてみる。

例えば今の流れで行くと
結局、誰が損をして誰が得をするのか
とか考えるとコロナちゃんに対する気持ちも
少しは変わるんじゃないかと思います。

というわけで
来週の水曜日29日、生活必需品を買いに行きます
江津湖を通って14:00くらいに。
皆さん公園に行ってはいけません!

-ソーシャルディスダンス運動

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

目の前にいる人を救う【今できる事】ソーシャルディスダンス運動終了

昨日、五回目になるソーシャルディスダンス運動を 決行した。誰も何も言ってこないが、内心快く思ってない人も いるんじゃないかと思う。 「何勘違いしてるの?やること間違ってる」的に思ってる人 もいるんじゃ …

実施しました「ソーシャルディスダンス運動」またやります。

「気持ちが明るくなった。こういう楽しことがあって嬉しい。」 通りすがりのおばぁさんが言ってくれました。 (Photo by Mai Kawabata) でも 行き過ぎる多くの人たちは 顔半分をマスクで …

第三回ソーシャルディスダンス運動【手応えあり】次回は10日

熊本市のど真ん中にある美しい湖 江津湖。市民の憩いの場! その駐車場が閉鎖され、 子供が遊ぶ遊具も使用禁止のテープが張られた。 特に遊具は何の事前告知もなく 子供が遊んでる時に、突然市役所の方がきて …