生き方

淀んだ水の中に漂う澄んだ空気の玉のような居場所

投稿日:

熊本には街のど真ん中に湖があります。
阿蘇山の伏流水がしみ上がり、清流となって
湖に注ぎ込みます。
その周りは芝生で休日となると家族連れ
友達同士、恋人同士の憩いの場になります。

そんな場所も第一回目のロックダウンの時は
駐車場が閉鎖になり、利用する人が減りました。

その後も、どことなくピリピリした雰囲気があり、
大きなマスクで顔を覆い帽子をかぶって目だけが
虚ろに見える人ばかり。僕みたいな変人が
マスク無しでウロウロしてると突き刺すような
視線を送ってくる。憩いの場なのに…


それが昨日サンバの仲間たちと野外練習していたら
少し和らいでいる気がした。

もちろん夏日の野外でもマスクをしている人が殆ど
だったけど、外して遊んだり運動したりしてるひとも
結構いる。

我々がリハーサルしてると近づいてきて座って
見学していく老夫婦もいた。去り際に拍手してくれたり。
子連れの親子も飛び入りで演奏の輪に加わってくれた。
その瞬間、コロナ前のような自由で和やかな空気が
流れていました。
みんな自由と楽しみに飢えている。と思う。


コロナ当初は割と僕は過激な発言をしていた。
あえて繰り返すことはしないけど。
そこらへんはもう戦わなくていいかなと。

もうね「コロナが明けたら」なんて世界は
来ないと思うのです。昨日の湖の公園は
ピリピリした大多数の世界の中にある僅かな空気の玉。
まさに息抜きのひと時。小さなコミュニティ。
そういうコミュニティ(居場所)があるかどうかが
心地よく生き残るカギなんだろうなと思う。

怖がる怖がらないを
お互い強要しあうことなく
目の前の現実は現実として、自分自身は
どこに身を置いて、どんなことを感じていたいか。
淀んだ水の中でもがくのか、もがいていたとしても
たまに漂ってくる澄んだ空気の玉の中で和んでみるか。
受動的に現実に埋もれるのではなく
能動的に現実を選択していく。
これがこれからの生き方のヒントになると思う。

さて
今週末18日~20日はオンラインのイベント
「ツナガルマジワル 熊本ブラジルの日」開催です。
18日~19日はYouTube動画配信
20日はYouTubeライブ配信。
19時から
「ツナガルマジワル 熊本ブラジルの日」をYouTubeで
検索してみてください!
こちらからも詳しい情報があります
皆様の憩いの場を提供しますよ!
心地よく軽やかに生きていきましょー!

 

 

-生き方

執筆者:

関連記事

直接会い【繫がり】生の声を聞いて寄り添って初めて支援が始まる。

西日本を中心に各地で大雨による水害が出ています。 被害にあわれた皆様、心からお見舞い申し上げます。 コロナ過も続く中、まだまだ大雨も油断ができない 状況にあります。 是非、ご無理をなさらずに、ボチボチ …

過激内容【閲覧注意BAN覚悟】土の時代の終わり、風の時代のはじまり。【コンサルティング始めます】

運動会、修学旅行や帰省はNG オリパラは開催、子供来場OK 要人の会食OK。要人は海外から来ても待機期間なし。 庶民の会食NG。庶民は帰国したら自腹で二週間待機。 もうね。メチャクチャなんです。 どう …

3月と5月は鬼門だったりする件「こんなに世界は美しい」のに

僕はダンサーでアーティストなので 「データを検証して、その結果が数値的にどうだから この主張が裏付けられる」 ってことは このブログでは書きません。 大体、その数値ってのもアテにならない。 どうとでも …

身一つ食べ物持ち寄って「満月の集い」をしませんか?それだけあれば生きていける

朝、僕の大切な友人の一人とネットを介して話をした。 特に用事があったわけでは無い。 ただ、数日前からどうしても連絡が取りたいと感じていた。 こういう時は理屈よりも閃きに従ったほうがいい。 予感どおり、 …

経験にこそ価値がある!【トライ&エラー】試してナンボ!

コロナの影響で仕事が激減。 対面でのダンス関連、モデル関連の仕事は無くなりました。 が、 その状況を乗り切るために試行錯誤。 「魅惑のパフォーマンスライブ」も 僕とってはトライ&エラーの連続。 とても …