生き方

淀んだ水の中に漂う澄んだ空気の玉のような居場所

投稿日:

熊本には街のど真ん中に湖があります。
阿蘇山の伏流水がしみ上がり、清流となって
湖に注ぎ込みます。
その周りは芝生で休日となると家族連れ
友達同士、恋人同士の憩いの場になります。

そんな場所も第一回目のロックダウンの時は
駐車場が閉鎖になり、利用する人が減りました。

その後も、どことなくピリピリした雰囲気があり、
大きなマスクで顔を覆い帽子をかぶって目だけが
虚ろに見える人ばかり。僕みたいな変人が
マスク無しでウロウロしてると突き刺すような
視線を送ってくる。憩いの場なのに…


それが昨日サンバの仲間たちと野外練習していたら
少し和らいでいる気がした。

もちろん夏日の野外でもマスクをしている人が殆ど
だったけど、外して遊んだり運動したりしてるひとも
結構いる。

我々がリハーサルしてると近づいてきて座って
見学していく老夫婦もいた。去り際に拍手してくれたり。
子連れの親子も飛び入りで演奏の輪に加わってくれた。
その瞬間、コロナ前のような自由で和やかな空気が
流れていました。
みんな自由と楽しみに飢えている。と思う。


コロナ当初は割と僕は過激な発言をしていた。
あえて繰り返すことはしないけど。
そこらへんはもう戦わなくていいかなと。

もうね「コロナが明けたら」なんて世界は
来ないと思うのです。昨日の湖の公園は
ピリピリした大多数の世界の中にある僅かな空気の玉。
まさに息抜きのひと時。小さなコミュニティ。
そういうコミュニティ(居場所)があるかどうかが
心地よく生き残るカギなんだろうなと思う。

怖がる怖がらないを
お互い強要しあうことなく
目の前の現実は現実として、自分自身は
どこに身を置いて、どんなことを感じていたいか。
淀んだ水の中でもがくのか、もがいていたとしても
たまに漂ってくる澄んだ空気の玉の中で和んでみるか。
受動的に現実に埋もれるのではなく
能動的に現実を選択していく。
これがこれからの生き方のヒントになると思う。

さて
今週末18日~20日はオンラインのイベント
「ツナガルマジワル 熊本ブラジルの日」開催です。
18日~19日はYouTube動画配信
20日はYouTubeライブ配信。
19時から
「ツナガルマジワル 熊本ブラジルの日」をYouTubeで
検索してみてください!
こちらからも詳しい情報があります
皆様の憩いの場を提供しますよ!
心地よく軽やかに生きていきましょー!

 

 

-生き方

執筆者:

関連記事

幸せに生きるためにサンバをやるべき5つの理由。(厳選して)

色々あって日々モヤモヤしている方へ このところウエストも日々の生活もキツキツの閉塞感を感じてませんか? なんだかわからないけど「生きづらさ」を感じてませんか? 当たり前だと思っている日常にストレスを感 …

苦しい時こそサンバを!

緊急時代宣言やらマンボーやらが延長されて 長雨と共に先の見えないご時世が続いております。 飲食店の皆様、アーティストの皆様、 自粛の煽りをもろに受けている全業種の皆様 ご心労ご推察申し上げます。 正直 …

身一つ食べ物持ち寄って「満月の集い」をしませんか?それだけあれば生きていける

朝、僕の大切な友人の一人とネットを介して話をした。 特に用事があったわけでは無い。 ただ、数日前からどうしても連絡が取りたいと感じていた。 こういう時は理屈よりも閃きに従ったほうがいい。 予感どおり、 …

世界は自分が望むように作られる

毎日怖い怖いとって過ごし、 「これからどんどん感染者が増えて、 ステイホームしないと死ぬ人が増える~」 と思ってるとそうなります。 そういう世界を望んでるってことになる。 僕はスピ系ではないです。 こ …

よかった!嬉しいニュース【祈り】想いが形になる。

記事はこちら 4月の自殺者数減少 もちろん僕の取り組みが実を結んだ! なんていうオコガマシイ事はいいません。 色々な要因が重なったんだと思う。 いったん職場や学校から離れたことで、 普段日常的に感じて …