生き方

「瞬間の中の永遠」ということを考える

投稿日:

一見、相反する言葉だと思う。
「時間」を具象的に線と点の「形」で
理解していると、特に何のことだか分らない
と思う。

永遠を果てることなく続く「線」とイメージして
しまうと益々そうだ。その「線」に「点」としての瞬間がある。
と理解してしまえば至極簡単だからだ。

でも、実際は逆なんだろうなと思う。
時の流れはホリゾンタルに続く単純な道ではなく
行く方向にも広がり爆発している
瞬間の連なりなんだろうなと。

そこには過去もなく未来もなく
ただ瞬間だけが光の粒のように発生して
瞬いて消える。それが多元構造に重なり合って
「その瞬間」は幾通りも存在する。

例えば
その人達と出会ってるバージョンの自分
その人達と出会ってないバージョンの自分

僕が肉体として物理的に存在しているバージョンの世界
僕が肉体として物理的に存在していないバージョンの世界

その瞬間が永遠に幾重にも連なるだけで
それ自体に方向や意味などない。

ただ瞬間を認識する肉体に使用期限(寿命)があるから
その部分だけは不可逆的な縛りがある。

瞬間の中に永遠が存在する。
というか瞬間だけが永遠に瞬き続ける。
意味や理由を超えて。

その中に漂い同じく明滅する光の粒が僕だったり
彼だったり彼女だったり。

ただあるがままに瞬き
瞬間を重ねる。肉体がなくなるまで。

なんていう
小難しい話を月曜の朝から考えてました。
今週末はいよいよ待ちに待った
スエットロッジ。インディアンの修行で
何が見えるか。
見えたものをどう作品に活かすか。
また新たに一皮むける自分にワクワクしている。
輝く瞬間瞬間にただ感謝(^^)

 

 

-生き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サンバとアートで「世界がどうなろうと自分を生きる人」を応援する!企画色々

もうね。 いい加減ウンザリなのです。やれ「緊急事態」だの「まん延防止」だの。 いくら感染対策だといっても、 人間らしく生きられない世界じゃ意味ないと思うのです。 色々な意見はございましょうが、文化芸能 …

緊急アンケート「僕から何を知りたいですか?」僕はこんな事をしてきました。

これからの10年を何をして生きるか? 絶賛考え中です。 合わせてマーケティングの勉強もし直してます。 そこで直接的で単純な質問です。 自分の人生をより良くするために 僕から何を知りたいですか? ちなみ …

神様の声を聞くコツ(注意:スピでも宗教でもありません)

以前、トランス状態になったときに 聞こえたり見えたりした世界がありました。 それは光の粒子の世界だったり、鼓膜ではなく自分の芯の エネルギー体に直接響く壮大な声だったり、 目に映るもの全てに感謝の気持 …

苦しい時こそサンバを!

緊急時代宣言やらマンボーやらが延長されて 長雨と共に先の見えないご時世が続いております。 飲食店の皆様、アーティストの皆様、 自粛の煽りをもろに受けている全業種の皆様 ご心労ご推察申し上げます。 正直 …

悪意無き「人殺し」と新型「奴隷制度」が蔓延する世界

僕はダンサーでアーティストです。 感覚的に生きているので 世の中の違和感に極めて敏感に反応します。 また、物書き(ライター)も仕事にしているので 想像力も使います。目の前にある現実だけでなく その現実 …