生き方

「瞬間の中の永遠」ということを考える

投稿日:

一見、相反する言葉だと思う。
「時間」を具象的に線と点の「形」で
理解していると、特に何のことだか分らない
と思う。

永遠を果てることなく続く「線」とイメージして
しまうと益々そうだ。その「線」に「点」としての瞬間がある。
と理解してしまえば至極簡単だからだ。

でも、実際は逆なんだろうなと思う。
時の流れはホリゾンタルに続く単純な道ではなく
行く方向にも広がり爆発している
瞬間の連なりなんだろうなと。

そこには過去もなく未来もなく
ただ瞬間だけが光の粒のように発生して
瞬いて消える。それが多元構造に重なり合って
「その瞬間」は幾通りも存在する。

例えば
その人達と出会ってるバージョンの自分
その人達と出会ってないバージョンの自分

僕が肉体として物理的に存在しているバージョンの世界
僕が肉体として物理的に存在していないバージョンの世界

その瞬間が永遠に幾重にも連なるだけで
それ自体に方向や意味などない。

ただ瞬間を認識する肉体に使用期限(寿命)があるから
その部分だけは不可逆的な縛りがある。

瞬間の中に永遠が存在する。
というか瞬間だけが永遠に瞬き続ける。
意味や理由を超えて。

その中に漂い同じく明滅する光の粒が僕だったり
彼だったり彼女だったり。

ただあるがままに瞬き
瞬間を重ねる。肉体がなくなるまで。

なんていう
小難しい話を月曜の朝から考えてました。
今週末はいよいよ待ちに待った
スエットロッジ。インディアンの修行で
何が見えるか。
見えたものをどう作品に活かすか。
また新たに一皮むける自分にワクワクしている。
輝く瞬間瞬間にただ感謝(^^)

 

 

-生き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

直接会い【繫がり】生の声を聞いて寄り添って初めて支援が始まる。

西日本を中心に各地で大雨による水害が出ています。 被害にあわれた皆様、心からお見舞い申し上げます。 コロナ過も続く中、まだまだ大雨も油断ができない 状況にあります。 是非、ご無理をなさらずに、ボチボチ …

生まれ変わって【夏至】リアルレッスン再開!

今年の夏至は色々な事が重なって 特別な日だった。 らしい。 僕はあまり詳しくないので 聞きかじりの情報でしかないけど、 そんな特別な日に 特別な人たちと会って 最高の時間を共有した。 詳しくは言えませ …

身体表現(ダンス)と政治活動が同じ結論に行き着いた件

        マイケルジャクソン、誰でも知ってる世界のスーパースターです。 彼の歌でMan in the mirrorというのがある。 その中の歌詞が、これか …

好きなことして自分らしく生きてたら変人?違うでしょ!!自分を喜ばす生き方をするっ!!

自分の気持ち押し殺して生きてませんか? 本当はやりたいことあったんだけど、 なんやかや理由をつけて我慢してませんか? 周りの暗黙の要望に忖度して(笑) 別の自分を演じていませんか? ・「~ねばならない …

静かに新しい夢と向き合う「3度目の転換期」これも流れ?

実はプロダンサーになるという夢は そんなに昔から抱いていた夢ではないんです。 実際、ダンサーのキャリアをスタートさせたのは 大人になってからだし。 よくある「子供の頃バレエやってました」とかもありませ …