ナウシカの世界に近づいてる?「強欲資本主義経済」の終わり?

近所の湖には家族連れや仲間同士、
恋人同士がピクニック!
駐車場満車のかつてない大盛況!

とってもホッコリゆったりした日々が続いてる。
僕も次女を連れてピクニック。
翌日はベランダで長女と日焼け、
夜は熊本の夜景をみながら「お一人スペシャルディナー」

お金(収入)も仕事も減ったけど
なんだか今の方が優雅で豊かな時を過ごしてる気がする。

去年なんて「あと30秒あるからメール一本送って、
それから打ち合わせに行き、そのまま出演!」
とか言ってバタバタ過ごしてた。
それなりに稼いでた。

沢山働いて、
お金持ちになって大きな家に住んで、
海外旅行して、
「で、そこで何をするんだい?」と問われる。
「家族とゆったりバカンスするんだ」と答える。
「それなら、もう実現してるじゃないか」と笑われる。

似たような例え話を聞いたことがある。

ラットレースから一時的にでも解放されたときに気付く
自己矛盾。

沢山働いて、
大量生産して大量消費して
経済発展して、

「で、どうしたいんだい?」
「家族とゆったり暮らすんだ」
「それなら、そんなに沢山要らないね」

経済活動が抑制されると
環境が著しく改善されたって。
中国の大気汚染改善したって。
ベネチアの水質改善したって。
移動が減ったから温暖化が改善したって。

ケーザイってなんやねん!

資源食い尽くしながら、環境壊しながら
経済発展とかいう強迫観念にかられて
ひたすらラットレース。
「理想の生活」というエサをぶら下げて?
資源も時間(寿命)も有限ですけど?

奪い合えば足らず
分け合えば余る

まさか、
分け合うのにちょうどいい位の
人口に減らそうという魂胆?コロ野郎!
だとしたら絶賛進行中。

ナウシカの世界(特に原作)に
近づいてるんじゃないの?
と思う三連休最終日。

週明けはどんな
ニュースが飛び込んでくるんだろう。


4月8日 「満月の集い」
場所   江津湖広木地区 水が噴き出してるあたり
時間   月が綺麗にみえるころ
持ち物  身体、食べ物、お酒
やること 好きなこと
予約   不要(気分で)

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です