日記

新年明けましておめでとうございます。自由と幸せは常にここにある。

投稿日:

年末年始はお陰様で。
ゆっくり休めました!
いつもなら大晦日か元旦に飛行機に飛び乗り
実家のある関東に移動、下手したら移動中の車内で
年越しとかもあった。

そしてどういうわけか、
正月は家族別々に過ごす。
妻子供は埼玉へ
僕は青梅へ
もちろん途中で合流するのだけど、
とにかく移動が多くなるので
はっきり言ってのんびりした気がしない。
いつも熊本に帰るとぐったり…

それが!!どうでしょう?今年は!
コロナ様のお陰(笑)で、関東に帰らない口実ができた!
もちろん無理くり帰れば帰れたけど。
半日以上かかる移動中ずーーっとマスクを強要されるなんて
考えられない!!外して歩こうものなら白い目で見られる(笑)
そのうえお互いの実家の行き来。むしろ病気になるって!

というわけで
今年はずっと家族と熊本で年末年始を過ごした。
お陰様で熊本来てからマトモに「おせち料理」を作った。
こっそり仲間たちと〇〇会もした。

とーーーっても自由で幸せな年末年始でした!!

何やら
また〇急事態宣言を出すとか出さないとか…
色々な考えのひとがいると思う。と同時に
色々な情報取得状況のひとがいると思う。
例えばテレビや新聞だけを見てるお年寄りとか
ネットで自分で調べられる人とか。
その違いだけでこの騒動に対する考え方に差が出る。

街中にでるとほぼ100%マスクマン
その中でノーマスクだと完全にバイ菌扱いの視線。
この分断と同調圧力がこの騒動の一番厄介なところだなーと思う。
調べれば考え変わると思うんだけど。
わかってても圧力に屈してる?

どっちでもいいですが、
僕はそんな中ノラリクラリと自分のやりたいことをやって
会いたい人と会って楽しく生きていこうと思う正月でした。

ちなみに
サンバは奴隷解放の象徴。
そのサンバダンサーが奴隷の象徴を身に着けるなんて
無理な話なのです。少なくとも僕にとっては。

 

 

 

 

-日記

執筆者:

関連記事

明後日からちょっぴりだけ東京に行きます【考える時】静かなパニック

311や熊本地震のような物理的な衝撃があるわけではないので、 とても静かなパニック。 そんな中、お仕事の面談のために すこしだけ東京に行きます。 当たり前だと思っていた日常が壊れるのって あっけないっ …

今日は親父の命日「愛しか残さない生き方」

今日は僕の親父の2回目の命日。 子供好きだった親父 ドイツ修行に行く2週間前に亡くなった。 危篤になってすぐ5月5日の子供の日。 無くなる前に僕ら兄弟に手渡された封筒 中身は子供の頃の通信簿や身体測定 …

現場はこんな状態【ボランティアの安全】実際のところ何が必要か

細切れの時間しかなく 被災地にいって一日作業しては、 翌日帰ってくる。 僕はそんな状態で、 先ほど人吉から自宅に帰りました。 幸い昨日は雨も降らず 一緒に作業した仲間も人数が多めでした。 ありがたい。 …

プリミティブに進むべき流れ【意味のある出来事】アフターコロナの世界

昔別の記事で「今ある状況はすべて意味があって存在してる」的なことを 書いたことがある。 それは僕がトランス状態になった時に、体験的に知り得たこと。 目の前にある現象は効果音もスーパーエフェクトも入らな …

不安商売にご注意!「自分の軸」に戻るって大事。

数か月ぶりにまともに絵を描いた。 といっても下絵を描いただけど、 それまでモヤモヤしていたものが、地中の奥底に 埋め込まれて気にならなくなった気分だ。 右脳と直観力にエネルギーが注ぎ込まれるので、 表 …