静かに新しい夢と向き合う「3度目の転換期」これも流れ?

実はプロダンサーになるという夢は
そんなに昔から抱いていた夢ではないんです。
実際、ダンサーのキャリアをスタートさせたのは
大人になってからだし。
よくある「子供の頃バレエやってました」とかもありません。

ちなみに強制的に子供の頃やらされてたのは剣道でした。
僕の爺さんが凄い人だったので
親としては有無を言わさずでした。

僕とってこれはトラウマに近いものなので、
絶対に我が子に「ダンサーになれ!サンバやれ!」

とか言いません。
そんなこと言おうものなら、自分の子供の頃の
嫌な思い出がフラッシュバックする。

「おい、剣道やれ。爺さんめざせ!」
親父の暑苦しい昭和な期待感がとにかく嫌だった。

じゃぁ、子供の頃の夢はなんだったのか。
高校生のころのまで進まないと出てこない。
そのころの僕は「作家」になりたかった。

空想するのが好きだった。
割とオタッキーな遊びをしていた。中学生のころ
テーブルトークRPGってのが出始めていた。
知ってる人は知ってる。
D&D(ダンジョン&ドラゴンズ)というファンタジーゲーム。

今の僕からは全くかけ離れた世界ですが、
中学生と高校生、その間の青春時代はオタッキー活動に
はまってました。
そのおかげで空想(妄想)が得意になった。
文章を書くのも得意だった。日記を長い事書いていたので。

高校生になるころから自作の小説を書いたりしていた。
まだパソコンも普及していない頃だったので、
手書きでノートや原稿用紙に書いていた。
指に「ペンだこ」ができた。

なんで辞めたか。
書いていて辛くなったから。
受験勉強も始まっていたし。自分が小説を書いている事と
実生活で求められる事のギャップが辛かった。
「こんなことやってても無駄だ」と思うようになり
次第に書かなくなった。

受験に失敗して専門学校に行く頃には
何も書かなくなった。
それから20年以上、エッセイや短文、ブログを書くことはあっても
小説は書いていない。

コロナウィルス騒ぎは311や熊本地震に匹敵する「転換期」だと感じている。
転換期のたびに自分自身と向き合った、自分の望むことはなんだったか。
今、人前で踊る機会もない。ショー出演は軒並みキャンセル。

僕のスケジュール帳は空白が並んでいる。

最近ライターの仕事が増えている。

子供の頃、僕は何をやりたかった?
もう一度向き合う。

幸い?ゆったりとした時間の中にいる。
書きますか?小説。
どうですか?俺。

 

 

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です